九州大学大学院人間環境学府 都市共生デザイン専攻・空間システム専攻トップページサイトマップ
空間システム専攻
トップ > 空間システム専攻

空間システム専攻English

空間システム専攻の紹介

空間システム専攻は、従来の建築学を「人間と環境の空間システム学」という新たな視点で捉え、住宅から都市に至るさまざまな空間を、より快適で美しく丈夫で使いやすい空間システムとして設計・施工・管理するための理論や技術について教育研究し、広く交流・共生・持続・循環型社会の構築に貢献できる研究者や高度専門職業人の養成を目的としています。そのために、本専攻には「建築計画学」、「建築環境学」、「建築構造学」の3つの履修コースを設けています。


 各コース紹介

建築計画学コース(Architectural Planning and History Course)

建築は人間生活の様々な要求に応える容器であると同時に、新たな社会活動や文化・制度を育む環境装置です。従って、建築は、技術であると同時に社会学であり、芸術学であり、政治学であり、情報であり、それらすべてを具体的な空間のかたちで提示するものなのです。建築計画学コースは、建築に対するこうした多様な社会のニーズと、建築から社会への働きかけの両面について、実践と、これまで積み上げられてきた長い建築の歴史を通して、総合的にとらえることができる高度なプランナー、デザイナー、研究者の育成を目指しています。以上の分野の専門家を積極的に志向する者の入学を希望します。


建築環境学コース
(Enviromental Design and Control in Architecturen Course)

建築環境学は、室内外の人間環境を建築の用途に応じてパッシブにデザインし、アクティブにコントロールする空間システム学です。建築環境学コースには建築音響学・建築照明学・建築環境システム学・建築設備学が含まれます。修士課程は、一級建築士の受験に必要な実務経験期間に認定され、将来的に一級建築士、建築設備士、技術士などの資格を取得して、国内外の建築業・設備業・設計事務所・官公庁・シンクタンクなどで活躍する者、引き続き博士後期課程へ進学する者などを育成します。また、博士後期課程は、高等教育機関や研究開発機関などにおいて当該分野の教育・研究・実務に携わる専門家を育成します。以上の分野の専門家を積極的に志向する者の入学を希望します。


建築構造学コース(Architectural Structures and Materials Course)

建築は人間が安全に暮らすためのシェルターです。建築構造学は、重力・地震・台風・豪雪などの外乱に対して、建築計画の要求する空間や建築環境・設備の機能を維持できるように建築を構造物として造形する空間システム学です。日本は地震国でありながら、都市への人口や機能の高密度化が進行しているため高い耐震安全性が要求されており、建築構造学の重要性もこれまでになく高まっています。建築構造学コースでは、建築材料学、構造力学、構造解析学、耐震構造学、構造設計学、建築生産学を総合的に履修し、力学的な合理性を追求して安全で機能的で美しい空間を創造する建築構造学の研究者や構造技術者,構造デザイナーを養成しています。以上の分野の専門家を積極的に志向する者の入学を希望します。


持続都市建築システムコース・プログラム
(Sustainable Architecture and Urban Systems Course・Program)

(都市共生デザイン専攻と、空間システム専攻の連携コース・プログラムです)

21世紀の都市・建築を考えるとき、その持続性や地球環境や地域の生態系との共生の観点を抜きにすることはできません。特に、急激な成長都市を抱えるアジア諸都市の居住環境の悪化は国際的な問題であり、豊かな居住環境を確保しつつ、環境負荷をできるだけ低減する持続型社会の実現が強く求められています。
こうした社会的要請に基づき、「持続都市建築システム」コース(博士後期課程)及びプログラム(修士課程)では、人間環境・地球環境に関する幅広い知識を基礎とし、同時に専門分野に深い造詣を有し、都市と建築をシステム思考的発想と持続性の観点から捉え、持続型社会の実現に向けた政策、理論、計画・デザインを担う人材を育成します。


ページの先頭へ Copyright (c) 2008 The Graduate School of Human-Environment Studies. All rights reserved.