九州大学大学院人間環境学府 都市共生デザイン専攻・空間システム専攻トップページサイトマップ
都市共生デザイン専攻
トップ > 都市共生デザイン専攻

都市共生デザイン専攻English

都市共生デザイン専攻の紹介

都市を創造するには、ハード、ソフト両面からの学際的アプローチが不可欠であるとの考えに基づき、本専攻では、これまでの専門分野の垣根を越えて、工学・建築学・都市計画学・心理学の学際的視点から安全・安心で快適な都市づくりの理念や方法を探求すると同時に、高度な専門技術と知識を習得し、今日の様々な都市問題の解決に寄与できる人材を養成します。そのために、各分野から専門家が集まり、「アーバンデザイン学」と「都市災害管理学」の2つの履修コースを設け、人間、都市、自然が共生する、安全・安心で、更に快適で美しく使いやすい都市づくりのための計画・デザイン・技術に関わる教育・研究を推進します。


各コース紹介

アーバンデザイン学コース(Urban Design Course)

アーバンデザイン学コースでは快適で安全な都市環境をデザインし、都市文化の継承と未来の都市環境や都市社会の創造を担う高度な専門家の育成を目指します。そのために都市計画学、都市設計学、景観設計学、環境心理学、コミュニティ計画学、環境メディア学を軸とする高度な専門的知識、理論、技術の修得を目的とする教育研究を推進しています。具体的には、修士課程においては都市計画家(プランナー)、まちづくりの専門家、コンサルタント、建築家、官公庁の行政官、さらに博士後期課程においては、国際社会で活躍できる幅広い知識と理論を備えた専門研究者の育成を目的としています。
こうした人材育成を実現するために、修士課程では関連する専門分野の基礎的知識、語学力、表現力を身に付けた意欲的な人材を受け入れます。


都市災害管理学コース(Disaster Management Course)

都市災害管理学コースは都市災害に対する管理手法の開発と実用化について総合的把握を目指すコースです。
各種構造物の診断や実測、実験を中心とした工学的発想に基づいて、地震・台風を主な対象にした、都市・建築の災害の予測から防災管理・危機管理などの各種手段の総合化と都市の基本的安全システムの再構築に関する手法についての教育研究を行います。
従って、これらの研究分野に興味があり、幅広い知識を身につけて将来この分野の専門研究者を志向する者、あるいはそれを生かし得る職務において専門職業人を志向する者の入学を希望します。


持続都市建築システムコース・プログラム
(Sustainable Architecture and Urban Systems Course・Program)

(都市共生デザイン専攻と、空間システム専攻の連携コース・プログラムです)

21世紀の都市・建築を考えるとき、その持続性や地球環境や地域の生態系との共生の観点を抜きにすることはできません。特に、急激な成長都市を抱えるアジア諸都市の居住環境の悪化は国際的な問題であり、豊かな居住環境を確保しつつ、環境負荷をできるだけ低減する持続型社会の実現が強く求められています。
こうした社会的要請に基づき、「持続都市建築システム」コース(博士後期課程)及びプログラム(修士課程)では、人間環境・地球環境に関する幅広い知識を基礎とし、同時に専門分野に深い造詣を有し、都市と建築をシステム思考的発想と持続性の観点から捉え、持続型社会の実現に向けた政策、理論、計画・デザインを担う人材を育成します。


ページの先頭へ Copyright (c) 2008 The Graduate School of Human-Environment Studies. All rights reserved.